So-net無料ブログ作成
検索選択

Eleaf iStick Pico+MELO3mini kit [VAPE]

Eleaf iStick Pico+MELO3mini kit

これは2016年の大ヒット商品らしいです。
バッテリー交換可能、アトマイザー交換可能、温度管理可能と、基本的に今欲しい機能は全て網羅。

Joyetech eVIC Basic w/Cubis Pro mini

これと散々迷いましたが、バッテリー内蔵で小さい利点と交換出来ない欠点。
トップフローアトマイザーの漏れない便利さと、欠点。
総合的に判断して、
このブラッシュドシルバーをポチっ!


Vape(リキッド型電子タバコ) 機体決定!? [VAPE]

散々あれこれと悩みました。
そして。。。
電子タバコ Joyetech eGo AIO スターターキット リキッド1本&交換用コイル5個付き (黒) 正規輸入品 日本語説明書付き

やはりコレでしょう。
交換用コイル×5と、お試しアメリカ産リキッドが付いているので、直ぐに始められます。
そのまま気になるリキッドを買い足すだけで良いのです。
えぇ、ポチる寸前まで行きましたよ。

しかし、これ、拡張性が全くありません。
使ってみてVapeが気に入ってしまったら、間違いなく物足りなくなります。別な高級機を買って、これは使わなくなると言うことです。
もし、使ってVapeが気に入らなかったら、、、やはり使わなくなります。
どちらにせよ、この機体分は捨てるコストです。

嵌っていくと

こんな、BOX型ってものになるようです。
最初はペン型と違うその巨大な風貌に驚いたのですが、見慣れてくるとコレはこれで有りかなと。
ペン型もタバコなんかと比べると、予想以上に大きいですからね。

ペン型はメカニカルMODと言い、アトマイザーのコイル抵抗値とバッテリー電圧で、その出力が決定してしまいます。つまり、自分好みの設定はコイル次第、数種類あるコイルから選択することで決めます。おおざっぱにしか決められない訳です。
BOX型はテクニカルMODと言い、アトマイザーのコイル抵抗値に対して、何ワットの出力をすると設定出来ます。この出力はパフボタンを押してからの温度の立ち上がりと、その後の蒸気の出方に密接に関係します。

楽しみたいならテクニカルMOD、気楽に持ち運んで吸いたいならメカニカルMOD。
調べれば調べるほど、嵌りそうな予感がするので、初心者用の購入を一時ペンディング。

Vape(リキッド型電子タバコ) 器具選び [VAPE]

Vape(リキッド型電子タバコ)を始めるに当たって、器具が必要になります。
バッテリーに、気化器であるアトマイザーがセットになった、スターターキットを買うのが一般的です。
ショップによっては電子タバコリキッドや、アトマイザー用スペアコイル(ヒーターコイル)が更に付くことがあります。

そもそも興味はあれど、どんな物かやってみなくては分かりません。
無駄な投資になるかもしれないです。
なので安い物を探してみましょう。

FLEVO スターターキット

これはタバコ大に設計されれ、ヒーターコイル部とリキッドを含んだコットン部を使い捨て交換式にしたもの。
兎に角、お試しには良いのかも知れませんが、どうにもその後の自由度が全く無い。
珈琲趣味を始めるに当たって、缶コーヒーを買ってしまった感。

EGO電子タバコセット CE5

ego -CE4やCE5とその互換品は沢山ありますが、これはかなり古い世代のものです。使えない訳ではないですが、今更感と、その割りに値段が高いままで、割高感がありますね。
禁煙パイポのマルマンもこの系統で、電子PAIPOと言う名前で出しています。

体験してみたいだけで、間違いなくその後は捨てる、もうやらないって言うことなら、この辺で良いんでしょう。

実際、初心者が入るには以下のあたりが一般的なようです。

Kamry Mini X9


KangerTech カンガーテック TOP EVOD スターターキット


Joyetech eGo AIO スターターキット


Eleaf iCare Mini


Kamry Mini X9は旧世代からそのまま進化した感じですね。
Eleaf iCare Minifは革新的です。ライターサイズで持ち運びに特化したもの。
KangerTech TOP EVODが近年の一般形態で、はまり込むには良さそう。
Joyetech eGo AIOは大ヒット商品。一般的な形態から、カスタマイズ性を犠牲にする代わりに、楽さを追求した製品。

対抗製品が新しく出たらしいですね。
aspire アスパイア PockeX

コッチの方が便利っぽい。

Vapeonly arcus

これ、小さくて惚れ込んじゃったんですけど。

さてどうしたものか。

VAPE(電子タバコ)始めました [VAPE]

VAPE始めました。
所謂、電子タバコと言われる物ですね。

フィリップモリスのiQOS(アイコス)や、JTのPloom TECH(プルーム・テック)なども、東京オリンピックに合わせた「大禁煙、分煙キャンペーン」の流れから、使う人が増えてきているようです。
VAPEは電子タバコリキッドをヒーターで気化し、それを吸い込みます。
リキッド微粒子は空気中の水分と仲が良く、これを周りに纏うため白い蒸気となり、まるでタバコの煙のようです。

海外ではニコチンを含んだリキッドが使われ、完全にタバコの代わりとされてきましたが、ニコチン無しでの使用も一般的になり、一つの文化となっています。
日本では薬事法上 ニコチンリキッドは販売出来ないため、ニコチンリキッドを個人輸入して遣うなど、タバコ代用には道が長く一般的ではありません。
JTはプルームテックで、リキッド型電子タバコの後ろにタバコ葉フィルターを持ってくるような、トリッキーな解決方法を使い、あくまでもタバコとして売ることにしたようです。※JTが頑張ってニコチンリキッドを法的になんとかするべき立場だったとは思う。

自分はもう禁煙してタバコを離れてからの方が、喫煙年数より遙かに長く、タバコの臭いがする人の傍ですらイヤなんですけど、それが今更、なんでって感じなんですが。
リキッド型電子タバコ(以下、Vape)はその登場後、興味と共に、当時の「中華満点怪しさ爆発」な器具に懸念を抱いていました。
長らく、器具とその文化の発展を観察を続け、今日にその結論として、趣味性の高い嗜好品として、危険性は緊急的でなく、精々酒程度のものであろうと判断しました。
珈琲でもお菓子でも、嗜好品を過度に獲ることは危険を伴うもので、それに寄って得られる満足とリスクのバランスだと思います。

まぁ、前置きはこの位で。
次回は、器具選びです。
メッセージを送る