So-net無料ブログ作成

バッテリーとUSBコネクター [NEXUS7]

こちらのブログには一度も登場してないかも知れないNEXUS7(2012)。
日本未発売の時にわざわざ個人輸入で入手するも、その後の日本発売価格を見て愕然としたマシン。

流石、もう4年目とあって、バッテリーがかなり危うい。
USBコネクターも怪しく、なかな充電が出来ない。
それでも騙しだまし使っていましたが、巷で耳にする「全く充電できない」な状態になってしまいました。

--------- --------- --------- --------- ---------

さて、時を遡ること3ヶ月、今年の2月に実はやはり充電出来ない、、、までは行かないものの、充電に時間が掛かりすぎる事案が発生。
丸一日がかりです。
USBの電流電圧計を見ると、4.9V-0.1Aとなっています。
電圧は正常値ですが、電流は本来0.4~0.2A(高速充電時は0.4A)は流れていないといけません。

これは、USBコネクターの接触不良か、又はバッテリー劣化によるものか。
ぐぐれば、このUSBコネクター不良で充電出来ない事案の多いこと。
数百円の怪しいUSBコネクターが彼方此方で売られています。
バッテリー交換より金銭的に安いのと、USBコネクターに無理を掛けた(ケーブル引っかけるとか、、)ことが結構あったため、交換に着手。

NEXUS7(2012)の分解は簡単、裏蓋の殻割りだけです。
カシメの爪位置はネットで調べれば直ぐ分かりますし、適当に隙間からパキパキやっていけばOK。
交換も見逃しそうな極小ネジも含めていくつか外すだけ、フラットケーブルコネクターもこんなに小さいのにと思う様な仕組みですが、分かれば簡単。
無事交換も終了し、フタを閉める前に充電チェック、ちゃんと0.4~0.3A出ています。

で、フタを閉めたところで問題発覚。
USBコネクターが随分奥まっているのです。
一部の充電器では、挿してもロックがかかりません。
再度フタを開けてチェックすると、充電コネクター自体はロックもかかるし差し込みも問題なし。
問題は、充電コネクターが基板に対して、随分奥まって実装されていると言うことです。
よく観察すると、純正部品とはUSBコネクターの形が少し違います。
基板は同じ形なので、違う部品をそのまま実装すれば、、、orz 中華品質ですねぇ。(笑)

しかたがないので元の純正部品に戻しました。
しかし!
直ってますね、0.4A出てますよ。

--------- --------- --------- --------- ---------

時を戻します。
とまぁ、以前の経験から、充電コネクターを付け外しすると直る、、、かも。
パキパキ。
ネジネジ。
ヌキサシ。
ネジネジ。
パッキーン!
充電コネクター付け外し完了です。

で、結果。
ちゃんと0.4A出てます。
充電出来ない今朝の状態では0.1Aでした。

充電で困ってるNEXUS7(2012)の皆様、一度お試し下さい。
(バッテリー駆動時間が短いのはバッテリー寿命なので、本件では改善しません。)
(しかし充電がシッカリされるため、バッテリー駆動時間が延びたように感じたり、実際に延びたりすることもあります。)

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。