So-net無料ブログ作成
検索選択

あけましておめでとう御座います。 [H342]

長らく放置中のブログ更新です。

WHSは家庭内のファイルサーバとして非常に重宝しておりました。
しかし、前回のエントリーでも書いたように、近頃AFTな4kセクターHDDしか手に入らなくなって来ています。
そして2TB HDDはそろそろ底値のようで、今後は2TB HDD指名買いだと高くつくことになっていきそうです。
3TB HDDが買い時といった感じ。

そんな折り、どうもDEに参加しているHDDの一台が挙動不審に。
一部のファイルアクセスでタイムアウト待ちのような感じを受けます。そのせいで、「ファイル競合エラー」が出るようになりました。
HDD 8台ともなれば、ただでさえDEのリバランスで大変なことになっている状態なのに。
こんな状況でもDEは「ファイルの競合エラー」を出すばかりで、一向にどのHDDに不具合があるのか知らせる気は無いようです。

仕方がないので、WHSを止めて1台ずつ検証してみることに。
Windows7 PCに繋いで行くと、ある一台のみCHKDSKをかける様にメッセージが出ます。
中のDEフォルダを確認してみると、ファイル競合エラーで見かけたファイル名がちらほら見えるようです。
問題は
・本当にこのDiskがダメなのかと言うこと
・このDiskを取り出し新しいHDDを入れればリビルドして解決するのかと言うこと
・AFTでない2TB HDDが簡単に手に入らないと言うこと
です。
これが年末に起ったため、2TB HDDの入手困難さは通常の4倍界王拳。

熟考の末、手に入りやすく そろそろお買い得感のある3TB HDD×3で見えているデータを全て吸い出すことに。
その後、リビルドなりを考えましょう。
早速注文です。
去年の内に到着したものの、8TBを超えるデータのコピーには何日もかかりました、、、と言うか、まだかかってます。

そもそもポートマルチプライヤ対応なe-SATAインターフェイスボードはH342上にしかなく、Windows7 PCのマザーもポートマルチプライヤ非対応。
USB3.0も非対応で、H342からインターフェイスボードをふんだくるかとも思ったり。

ここで家のジャンクコーナーを漁ると、Windows7 Homeの格安品にセット売りだったUSB3.0インターフェイスボードが新品のまま手つかずで転がってるではありませんか。
更に、「裸族のお立ち台eSATAプラス CROSEU2」を引っ張り出してきて、これで準備は整いましたとばかりに作業開始。
※裸族のお立ち台はUSB2.0なので、空いてるe-SATA非ポートマルチプライヤに接続。

3TBを3つ「裸族の集合住宅 USB3.0&eSATA CRSJ35EU3」に入れてフォーマット。
お立ち台に順に2TBを入れて、、、と思ったのですが、DEはあちこちにファイルがばらまかれているために、そのチェックも含めるとこの方法では余りに時間がかかる。
そこで3TBをお立ち台に入れ、2TB HDDを4台 集合住宅に入れ、FFCのバッチファイルを書いて、バリバリとコピーしていきます。

そして、宴も酣では御座いますが、、、、もう少しというところで、ベリファイエラー発生!!!
あれよあれよという間に、今度はパーティションを見失いました。
焦る。。。
何が起ったんでしょうか?!

次にHDDを認識したときには何故か736GBとなります。
ああ、、もう後700GBほどだったのに、、、そうです、これらの数字にヒントが!
「裸族のお立ち台eSATAプラス CROSEU2」は2TB越えHDDには未対応だったのです!
書き込みが2TBの壁を越えた瞬間から、もうめちゃめちゃな動作を始めたのでしょう。
orz

幸い「移動」ではなく「コピー」で作業していましたから、データの損失はありません。
集合住宅に3TBを一台、お立ち台には2TBを入れ、再度やり直しです。

今回は原因が直ぐに判明したため、新品の3TB HDD不良やケーブル、インターフェイスボード不良などを考えた対策をせずに済みました。
PC業界のこの○○の壁や、新規格には本当に気をつけないといけませんね。

次回に続く。。。

H342とWD20EARX [H342]

WD20EARS以降、4KBセクターなHDDが市場に出回るようになりました。
Windows XPマシンのユーザにはアライメントツールを使用しなくてはいけないなど、やっかいなことが多くて困りますね。尤も、2TB以上の容量を実現するためには仕方のないことですが。

XPではそれでも解決方法が存在しましたが、更にやっかいなのがWHS ( WHS 2011以前の物 ) です。
Windows Server2008ベース(Windows XPと同等)のため、4KBセクター使用にはXP同様の制約があります。
しかも、アライメントツールはバージョンチェックの為使用できないらしい。

家のサーバH342にもWD20EARSが2台収まっています。
WD20EARSはジャンパ設定で4KBセクター問題を回避出来る製品でした。
今はモデルチェンジしてWD20EARXになっています。
これはジャンパ設定が出来ないらしいですね。。。困ったことです。

そもそも何故、4KBセクターHDDはXPなどで利用できないのでしょうか?
とても分かりやすく説明してくれているサイトはココ

上記リンクに飛んでいただくと図もあり分かりやすいのですが、キーポイントは
・Windows XPまでのWindows OSを始めとする多くの旧世代のOSが先頭パーティションを63番セクタ(先頭から64個目のセクタ)から開始する仕様になっている。
・先頭のパーティションは、全てのクラスタが2つのセクタにまたがってしまうので、無駄が多い。
・Windows VistaやWindows 7などでパーティションを作成した場合は、(OSから見た)セクタ番号2048から先頭パーティションが始まるため、クラスタが物理セクタ境界をまたがないので、無駄がない。
と言うことらしいです。

同様なことがココでも説明されています。
先ほどのサイトより、少し技術寄りの説明の仕方なのでわかりにくいかもしれません。
説明していることは同じなのですが。。。
さてこのサイトでは実際のパーティションの開始位置を「ExamDisk」というアプリケーションで確かめています。

WHSでも動きそうですので、確かめてみましょう。
Advanced Admin Console」がインストールしてあれば、リモートから簡単に「ExamDisk」を実行できます。
実行してみたところやはり、パーティションの開始位置は「7E00」です。

手持ちの空きHDDをWindows7でパーティション作成とフォーマットをしてみます。
ExamDisk」で確認すると、パーティションの開始位置は「100000」になっています。

このHDDをそのまま取り外し(パーティションもそのまま)、H342に接続します。
当然H342上の「ExamDisk」でチェックすると、パーティション開始位置は「100000」です。
WHSのDEに追加してみます。
DE追加時にはフォーマットが自動でされてしまいます。
勝負はここでパーティションの削除と作成が行われているかどうか。。。
DE追加後、直ぐにDEから削除しました。(このHDDはH342で使う予定で無いため、データ移動がされないうちにDEから切り離しました。)

さて「ExamDisk」でチェックしてみましょう。
パーティション開始位置が「100000」なら、Win7でパーティション作成後なら使用可能と言うことに。。。

残念!!
パーティション開始位置は「7E00」に変わっていました。
どうやらDE追加時にパーティションを削除、新規作成してしまうようです。
こうなるとどうしようもないですね。

結論
WD20EARXなど4KBセクターでXP対応を謳わない製品はWHSでは使用時に速度低下など障害を来す恐れがある。





※実際に運用しているマシンなので怖くて試せませんが、一度DEにHDDを追加した後そのまま直ぐにWHSマシンをシャットダウン。
※HDDを取り出しWin7マシンに接続、内容を別HDDに保存。
※HDDをWin7でパーティション作成とフォーマット、内容を書き戻し。
※WHSマシンに戻し、起動。
※DEはパーティション情報まで見ていない筈なので、WHSはパーティションが移動したことなど気付くことなく、そのまま使用可能。。

※この手順で行けるんじゃないかなと思うんですが。。。
※そもそもDEはTombstonesと言うリダイレクトファイルと、各HDDにある実体ファイルで構成されているので、上記手順でWHSを騙せないかなと。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。