So-net無料ブログ作成
X01T-SortInchkey ブログトップ

SortInchkey [X01T-SortInchkey]

SortInchkeyの記事にコメントがついていたので、早速お返事。
しかし、、、SortInchkey設定使うの何ヶ月ぶりでしょうか。
もうすっかり安定動作しているので、全く弄っていない部分です。
カメラキー ダブルクリックで現在時刻読み上げMortScript起動設定して以来かなぁ。
ソレすら使ってなかったりして。(笑)

SortInchKey問題解決 [X01T-SortInchkey]

ついに問題が解決したようです!!

続きを読む


犯人は。。。 [X01T-SortInchkey]

アドレス、メールキーでのスタートメニュー同時表示問題ですが、結論から言うとsortInchKeyがWindowsキーのコード0x5bを割り当てられると、アドレスやメールキーのような0x5b+0xc1,0x5b+0xc2の時にも反応してしまうようです。
こうなるとこのキーコードを何とか区別する方法を考えなくてはいけないんですが。
手を換え品を換えしてるんですが、あちらを立てばこちらが立たず。
手ごわいですね。
sortInchKeyに、条件を満たす場合実行しないような設定ができると良いんですけど。
この場合だと、0xc1がセンスされる場合は0x5bの割り当て動作を行わないようになれば良い訳ですね。

それともまだsortInchKeyを使いこなせてないだけなのかなぁ。
達人の方々、目から鱗な御教授よろしくお願いします。


keyinjectdll.lnk [X01T-SortInchkey]

keyinjectdll.lnk
こいつがハードキーボードでのファイルエクスプローラー、Bluetooth、Wi-fiのHOOKであることは間違いないようです。
ただ、Multi key hookの問題なのか、登録しても使えなかったり、使えたり、いじっているとわけがわからない動作になります。
再起動のタイミングもあるのでしょうが、2度目の再起動が必要だったり、再起動なしでも変更に効果があったり。
現象の整理ができません。
そうこうしている内にとうとう今まで使えていた、このハードキー3兄弟が、sortInchKeyが有効状態では効かなくなってしまいました。
仕方が無いので、sortInchKeyにそれぞれ設定して使っています。

アドレス、メールキーでのスタートメニュー同時表示問題も解決せず。
GSPocketMagic++をWindowsキーで使うという目的は、難題を抱えたままです。

一つ良いことが。
GSPocketMagic++のWindowsアイコンがどうにもかっこ悪かったので、スナップショットからWindowsアイコン部分を作成。
WkTASKも同時使用しているので最上部にバッテリーバーがありますから、その影響もあるのか、左上 H52×W51を切り抜き、上1Pxelをカットして作りました。
普通にbmpファイル保存して、設定するだけです。

GSPocketMagic++が動作しているのかわからなくなりましたが、その分かっこよくなりました。

※追記
上記の訳わかんない動作ですが、どうもkeyinjectdll.lnkがスタートアップに残ってしまったのが原因のようです。
keyinjectdll.lnkはMulti key hookで起動しますから、スタートアップには必要ないです。


訂正 [X01T-SortInchkey]

先日から書いているSortInchKeyやMulti Key Fookに付きまして訂正いたします。
再現しないことが多々書かれています。
申し訳ございません。m(_ _)m
えへへ(照笑)

ちょっと時間ができたので、いろいろやってみたところ、どうも再現しない現象が多いようです。
exewindll.exeをMulti Key Hookから外しても、Wi-FiやBTのトグルも効きますし、メールアプリにスタートメニューが重なる現象も出るままです。
何がどうなってるのか解んなくなってきましたね。

キーコードも調べてみました。
Multi Key Hookに同梱のvkeychecker.exeで調べられるんですけど、つくづく困った設計ですね。
変なキーコード2つ吐いてみたり、全く長押しが効かなかったり。
そのくせ、VolumeUp長押し起動の拡大モードなんかは、キーコード関係なしに起動してるみたいですし、カメラもキーコードは同じなのに長押しでないと起動しません。
可能性としては、ハードでするようなキー制御をソフトウエアで実現させてるんじゃないかと。
どこかにキーフックが隠されているんでしょうか。

もう少し調べてみないといけませんね。

※このブログは詳細な検証を行っておりません。
※すべての間違いを訂正できませんので、各自ご検証ください。


SortInchKey その弐 [X01T-SortInchkey]

先日の落とし穴なんですが、埋まったようなのでご報告。

どこかで聞いたんですけど、exewindll.exeとkeyinjectdll.lnk言うファイルがX01Tのキーフックを使っているデフォらしいので、こいつをMultiKeyHookに入れてみたんですが、どうもこれが効いたような気がします。
もっとも、入れたばかりのときはうまくいかないように見えていたので、良くわからないです。
もしかすると、MultiKeyHookは何度か再起動しないと正常に動作しないのかもしれません。
ま、Wi-fiやBluetoothのON<>OFFトグルキーが効くようになったので、ひとまずいいんではないかと。

!!!
落とし穴が。。。
今度は連絡キーやメールキー押し時に、正常アプリ起動+スタートメニューという動作になってしまいました。
これもちょっと見た目が邪魔。(笑)

※追記 keyinjectdll.lnkは、中身がexewindll.exeへのリンクでした。
ですので、どちらか一方でいいのでしょうね。


SortInchKey [X01T-SortInchkey]

GSPocketMagic++を導入時に書きましたが、Windowsキーで起動できるともう文句なしです。
(田キーって表現があるんですね、これで検索するとうまく引っ掛かる記事もありますね。)

キーの置き換えは何となく危険を伴いそうで、今までは手を出していませんでしたが、そろそろ我慢できなくなってきました。
やっちゃいましょう。(笑)

まずPQzIIから。
。。。
う~ん、どうも田キーは対応していないみたいですね。
便利そうなのに。

こんな時に、やはり同等品リストが欲しいですね。
購入以前に見た覚えはあるのですが、なんと言うアプリだったかも思い出せませんし、ブックマークもありません。
かなり時間をかけてあちこち探し回りました。
そして見つけたのが、「SortInchKey」。
PQzIIもこちらも[es]界隈では有名なアプリケーションのようです。

こちらを参考に、早速インストール。
手順どおりなはずですが、MultiKeyHookがなくても動いているような。。。
ちょっとおかしな反応でしたが、何度か再起動している内に無事正常な状態に。

このアプリケーションは望みどおり田キーに対応しています。
まだ突っ込んだ設定はしていませんが、今のところ田キーで起動できるようになり便利です。

!!!
落とし穴が。。。
田キーを振り当てると、Wi-fiやBluetoothのON<>OFFトグルキーが効かなくなります。これはちょっと不便ですね。いろいろ設定を試してはいますが、キーコードがわからないものもあり、現在のところ対処できていません。取り敢えず、Wi-fiやBluetoothのON<>OFFトグルexeをWindowsフォルダで見つけましたので、これのショートカットをスタートメニューに登録。こっちの方が便利かもしれない。。。(笑)


X01T-SortInchkey ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。