So-net無料ブログ作成
検索選択
Advanced/W-ZERO3[es] ブログトップ

赤耳 [Advanced/W-ZERO3[es]]

嫁さんのH"をnineに機種変させた。
7年も使ってたので、バッテリーも完全にいかれてきていたから当然だが、それほど使用することがなかったのだ。
実はW-SIMの420AL、通称赤耳の能力を知りたかったのだ。

あちこちで試験した結果、明らかに前のH”より受信感度は高い。
ギリギリでの粘りが強くなったので、通話が途切れにくく(ガサゴサして聞き取りにくくはなる)、且つ、アンテナのリレーが良くなったのか、通話状態の改善が早い感じです。
ただ、やはり圏外は圏外で、スパッと切り替わっちゃいますね。
潔い感じ。(笑)

以前は通話不能(不自由)ポイントでも、何とか会話可能でした。
やはり技術革新してるんですね。

この比較はかなり古い機種との比較ですから、一般的には役に立たない情報でしょうね。


ぽちっ! [Advanced/W-ZERO3[es]]

先日からアドエスをぽちっ!としてしまいそう。
ぎりぎりで思いとどまっている理由が、電話としての能力だ。
完全にプライベートな機械なら気にもしないし、押し切れもするが、仕事にも関係してくるとあの受信感度は問題だ。
でも、その出来にぽちっ!としてしまいそうな自分が怖い。
softbankさん、早くX01T出して。。。
サーポート大変なら、WMやめてLinuxにすればいいのに。。。
Linuxベースのスマートフォン、使い勝手いいようなきがしますねぇ。
そう言いながら、Linuxは使いこなせてないんですけどね。


ホームアンテナ [Advanced/W-ZERO3[es]]

WILLCOMにはホームアンテナレンタルサービス(有料)があります。
小型の電波中継局です。

ふと、こいつを車に積んで走ったらどうなるんだ?という疑問が。(笑)
受信感度上がったりしない???

で、ネットで軽~く調べてみました。。。

。。。検索中。。。

結論、、、受信状態は変わらない。
電話機の受信感度はその場所での最大感度までで、その感度を中継局の届く範囲まで維持してくれるものだそう。
まぁ当たり前なんですけど、ちょっとだけ、中継局の受信能力が電話機より遥かに高く作られていたりしないかなぁと期待してたりしたので。

でも、デッカイアンテナを屋根に立てると少しは良くなる気もしますけどね。


アカデミックパック [Advanced/W-ZERO3[es]]

巷を騒がすアカデミックパック

ウィルコムストアから黒アドエスが消えた。

なんか在庫がなくなったらしいが、これもアカデミックパックの影響か?

家ではどう工夫してみてもアカデミックパックの恩恵には預かれない。

学生が割り引かれるのは納得できるものの、何かにつけて教育関係者のみを優遇するのもいかがな物かと、恩恵にあずかれない者は声をにして言いたい。(笑)

特にこの価格差は余りにも酷い!

これが売れない商品のてこ入れなら分かるが、アドエスに関してはスマートフォンの成功例ではないのか?

まぁ、失敗例をアカデミックで押し付け販売しても、スマートフォンの地位が下がるだけなので、それも拙いとは思うが。

という訳で、ますます混迷するスマートフォン選び。

どうするオレ!


移動体通信 [Advanced/W-ZERO3[es]]

嫁さんのWILLCOMを拝借した。
今までに借りたこともあるのだが、街中で少々使ったくらいなので、今回は車での移動中や得意先(田舎)周りでの使い勝手をチェック
※運転中はハンズフリーを使用しています。

さてさて、別に取り立てて通話する相手がいない間は天気予報なんぞに電話してみました。
しかし、いきなり「ダメだな、こりゃ。」
これほど移動時の通信が弱かったでしょうかね、かなり途切れ途切れの通話になります。
街中での静止時の通話品質とは打って変わって、使い物にならない状態。
これで取引先と仕事の話はできないなぁ。
途切れるたびに毎回聞き返すわけにはいかないからねぇ。

特に交通量の割りに寂れたバイパス道路では、周りにアンテナを整備してないんでしょうね、思いっきりキレギレ。
おまけに、圏外で回線が切れることまで。
無理です、WILLCOMを仕事用に使うことは不可能です。。。

がっかり。
これで、アドエスの線は消えました。
後は某bankの遅れに遅れている新型待ちですね。
どちらにしろ、今まで考えていた料金プランのシミュレーションは見直しです。


Advanced/W-ZERO3[es] ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。